読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗雲の仔育て日記

我が家の癒し系ニャイドル(2代目)幸ちゃんの成長記録

幸が我が家に来て、今日で  日 です!!(ほぼ生後日齢)



  更新停滞気味…。orz

  不定期更新ですが、日々の様子を載せます。
  ※日付修正が出来るようなので、遡って更新したりします。

  ★自己紹介など★



虹の橋

日記のようなもの

2月21日 初代ニャイドルのミュウが虹の橋に旅立ちました。

 

数年前に猫エイズ(FIV)に感染していることが発覚し、

高齢もあって、肝臓機能障害・腎機能低下など

たくさん苦しい思いをしてもなお、

遺していく家族がペットロスになったり、

寂しくないように後継者(幸)を選び、

ある程度、後継者の成長を見守ったところで、

旅立っていってしまいました。

 

仕事から帰宅すると、いつも寝ていたカゴの中で、

寝息も立てずに眠りこけるミュウがいつもと変わらず

出迎えてくれました。

※猫風邪を引いていたため、幸と隔離した結果、

 玄関付近に祭壇を作るかたちになり、家に入ると直ぐに

 祭壇が見えるというある意味、異様な光景でした。

 

ミュウの姿を見ていても、

またゆっくりと起き上がろうとするんじゃないか、

目を開けて何かをうったえるかのように、

口を動かすんじゃないか?

体温がまったく感じられなくなった体でも、

まだ生気が残っているような感じがしました。

 

遺品整理や写真の準備、仏壇の準備など。

妹主体で色々やってくれていますが、21日~22日の間、

泣けるだけ泣いて、ミュウを火葬場に連れて行って、

お骨は持ってきませんでした。

 

返骨を希望する場合は22日が予約でいっぱいだったことと、 

元々野良だったこともあり、

家に縛り付けるのは良くないだろうという家族の意向もあって、

合同火葬をお願いすることにし、遺毛だけ貰って、お守りを作りました。

 

レジン細工の練習をもっとしておくべきだったと思うくらい

ごちゃごちゃになったお守りですが、大量に入った気泡や、

黄変防止のために入れすぎた塗料(青)のせいで見えなくなった

封入物も全部。

 

姉弟全員の高校受験とか、就職試験、

内陸地震東日本大震災など色んな苦楽を

17年5ヶ月一緒にすごしてきたミュウとの思い出や

ミュウ自身が懸命に生きてくれた証なのだと。

 

不恰好なお守りを持ち歩くことにしました。

 

まだ、ちょっとした弾みで泣き出しそうですが、

くよくよせずに、頑張ろうと思いました。

 

だんだんと、幸ちゃんの模様がミュウ爺化しつつある今日この頃。

明日は、幸ちゃんが我が家に来て300日の記念日なので、

何かしてあげられたら良いなぁ。