コウノブログ

うれしいこと、たのしいこと、いっぱいあつめられますように…



ねこ森町防衛イベント:
たくさんのご回答ありがとうございました!
エンディング公開までお待ちください。

>> ☆イベント目次☆ <<

今日は、幸ちゃんが我が家に来て、 日めの記念日です!!


【気になった事】ふと、考えたこと。

今日の夜、秘密基地におともだちを1名(匹)お迎えします!

前記事の来訪予定とは別件になりますのでご注意ください。

 

さて、この子はだれでしょう?

 

 

nekoさん家のまろんさん

※オンマウスでお名前が表示されます。

※画像をクリックすると、参考にさせて頂いた画像がある記事に飛びます。

 

  

ここからが、本題です。

先日、大好きなブロガーさんの記事に気になる事が書かれていました。

 

nekotokurasu.hatenablog.jp

 

 

この方は、『親』と『子供』両方の立場を経験されていて。

今年からアラフォーで、恐らく一生『子供』の立場から脱せない私には、

計り知れないくらい、悲しい事や、苦しい事、辛かった事、寂しかった事などと

向き合って、乗り越えたり、乗り越えようとされているんだと感じました。

※ブログの別記事には、嬉しかった事や、幸せそうな様子なども掲載されています。

 

そこで、ふと思ったのは、

記憶が失われるのは、来世に向かうための準備なんじゃないか?

という事です。

 

そういう事が起きない人も居たり、

脳科学とか医学的に記憶がなくなっていくことは【異常】と言われてしまうと、

どうしても悪いほうに考えてしまいますが。

 

きっと、そうじゃないんだと思いたいです。

 

小さい頃に、『人は、一定の段階から子供に戻っていく』と聞いたことがあり、

『そのときを過ぎると、年を取って(減算して)いくんだ』と…。

 

なので、年を取るごとに『タンパラ』を起こす事も増えるんだと教わりました。

その『タンパラ』の意味も、本当は誰も悪くないんだという事も…。

 

子供に戻るといっても、実際は年齢を重ねた大人なので、

悔しい気持ちが色んな言葉も交えて全面に出る人や、

悲観的になって逆に黙りこくってしまう人もいます。

※子供の頃に両パターンの【大人】を見たことがある。

 

nekoさんがブログで話されているように、

自分と置き換えることで、相手の事を理解しようとしたり、

優しくしようと思うことは容易じゃないと思います。

 

でも、だからこそ、今、笑っていたい。という言葉に、

私もいつか、母に忘れられてしまう事があって、

本当の意味で、他人になってしまう事があったとしても。

 

隣で、ずっと笑っていられる一番身近な他人でありたいと思い、

笑顔の練習を始めました。

 

気持ち悪い、不気味と言われても。必ず、にんまりと笑って。

今日もお疲れ様でした~!って挨拶して、1日を終わりにします。

 

ご飯と食べてるときも、買い物に行ってるときも、

仕事に出かけるときも、帰ってきたときも、寝る前も。

 

私なりの満面の笑みで挨拶ができるように。

※本当に不気味らしく、言われた本人は、かなりへこんでますが…。

 

いつか、不気味だとか、気持ち悪いって言われなくなるような、

笑顔を作るのが、当面の課題だったりします。Orz

 

嫌味であっても、

いつも幸せそうだねーって周りから言われるようになりたいです。

 

最後に、

nekoさんの笑顔で居られる時間が、少しでも増えますように。

 

追伸:

他県への移動が解禁されたため、7月9日の大安の日に

1ヶ月遅れの母の誕生日のお祝い(第3弾)をすることになりました。

喜んでくれたらいいなぁ。

※弟からは口止めされていましたが、

 母には、こっそり『7月9日に出かけるからね』と教えました。

 こういうのも、母と弟の衝突回避のためだったりします。